現在一人で子育てしています。

夫が海外へ単身赴任しているため、実質的にひとり親家庭です。

 

同じく、旦那さんが単身赴任しているママさんは他にもいますが、

話を聞くと実家に頼っているそうなのですが、

 

私の場合は実母はまだフルで働いていて、

しかも休日は祖父のサポートの必要があって、

(世帯は別なのでフル介護ではありませんが、家事を手伝ったりしています)

実家に頼ることができません

 

義両親は時折孫を見に来てくれますが、高齢とあって

これまた子育てを頼ることは難しいです。

 

と、こんな状況でかれこれ半年ほど子育てを頑張ってきました。

 

 

ひとり親の大変さを実感しています。

何が大変かって、エンドレスなんですよね。

ある意味、休みのないブラック企業と同じかもしれません。

精神的に疲弊してきちゃうんです。

 

  • 自分の代わりがいない状態で常に気が張っていて、
  • でも病気で倒れる訳にはいかない、
  • 子供の要求やお世話はエンドレスで、
  • でも頼れるところがほとんどなくて

 

今は就職していないため保育園には入っていないので、

時々、一時保育を利用させてもらっていますが、

体調を崩して毎回利用できるわけではないので、

平均して月に2~3日といったところ。

 

ほんと、休みなくずっと子育てに追われていると、

体力的にというよりも精神的にだんだん追い詰められてくる気持ち、

すごく実感しています。

 

それでもこの半年なりに自分で色々試行錯誤して、

少しでもストレス発散=ガス抜できる方法

前向きにハツラツと過ごせる方法を工夫してきましたので、

シェアしてみたいと思います。

 

1.市役所、児童相談など困ったら相談

 

実質的に、今の国や自治体の制度だと、

子育てに関しては抜け落ちだらけでほとんど期待できません。

(保育士不足や待機児童がやっと問題視されるようになりました)

 

でも、気晴らしのつもりで、ガス抜きのつもりで相談してみるのもいいと思います。

 

今こんなことで困っている、こんな状況だけど何か利用できる制度はないか、

などなど、仮に行政の解決策に期待できなくても、

誰かに話すだけでも少しでも楽になりますよ。

 

 

私も実際に、娘の1歳半検診前後で、色々発育や子育てに不安に

なってしまったとき、ちょっと大袈裟化もしれませんが、

市役所やら児童相談センターに助けを求めました。

 

普段から疑問に思っていること、ひとり親で不安に思っていること、

万が一の時はどうしたらいいか、などなど、

専門の臨床心理士に面談してもらったり、

1歳半検診のフォローアップ(自ら希望した)受けさせてもらうことにしたり。

 

自分以外の誰かに娘のことを相談できて、一緒に経過を見守ってもらえる、

それだけでもすごく心強くなりました

 

本当に精神的に限界の時は、それなりのサポートが入ると思いますし、

ひとり親で一番恐れているのは、

問題を抱え込みすぎてもはや外にでる気力さえ失ってしまうこと

 

行き場のない思いが攻撃的に自分や子供に向いてしまうこと

 

そうなる前に少しでもガス抜きのつもりで、

外に出向いて発散しましょうね。

 

Sponsered Link

 

2.子育てに対するスタンスを自分優先に変える

 

ひとり親の場合は特に自分自身を労わってあげることを優先しましょう。

 

自分勝手な解釈ですが、

「自分の幸せ→子供への愛情」というように循環しますから、大丈夫。

 

適度に家事育児も手抜きして、子供と一緒に昼寝して体力を温存したり、

自分へのご褒美(ちょっとしたものでいいんです)がめちゃくちゃ大事。

 

私は自分へのご褒美は、外で飲むカフェラテと決めていて、

だから「娘のお散歩=外に出て自分のご褒美」という図になっていて、

ご褒美時間欲しさに外出することができます。

 

家で飲むコーヒーとはまた気分も違って、ホッとできる瞬間を大事にしています。

 

 

3.モチベーションを大切にする=自己肯定

 

前に本で読みましたが、女性にとって自己肯定に欠かせない大きな要素の一つは、

「外見」だそうです。

 

私にとっても、一人の女性として日々前向きなモチベーションに欠かせないのは、

お化粧や服装を手抜きしないこと、だったりします。

 

私の場合は外見を手抜きすると、

全てにおいて自信がなくなってしまい、

モチベーションも下がり、外出も億劫になるという負の連鎖となるので、

 

多少娘と遊んであげる時間を10分20分ほど削ってでも、

朝はキチンと身支度をするよう心がけています。

 

そうすることで、日々積極的になれますし、笑顔も自然と増えます。

児童館やら公園で娘と遊んでいると、「いつもキチンとしていて凄いですね」って

ほめていただくこともあって、これもまた嬉しいものです。

 

 

余裕のない状況だからこそ、自分のモチベーションを高めることを優先させること

これは結構おススメです。

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]