海外引っ越し時における、

日本での役所周りを含めた各種手続きについてです。

 

4b789e014fa224aac9fa936dac10f498_s

 

ここでは過去の経験から、

「駐在(会社員)」としての必要手続きをベースに書きました。

自営業や学生の方は一部手続きが異なるケースもあるので留意下さい。

 

ざっと思いつくものだけでも、以下の通りです。

 

  1. 住民票
  2. 健康保険
  3. 厚生年金
  4. 運転免許証
  5. 銀行
  6. 証券会社
  7. 生命保険等

 

1.住民票について

 

海外転居時に住民登録を抹消するのが一般的です。

抹消することで、タイムラグはありますが住民税が免除となります。

 

また、住民登録を抹消すると一般的に国民健康保険と年金も免除になりますが、

会社員であれば「健康保険」と「厚生年金」を会社の方で維持してくれますので

問題ありません。

 

160004

 

 

2.健康保険

 

1.にも書きましたが、会社員による駐在のケースでは、

基本的に会社の健康保険が維持されるので問題ありません。

 

健康保険は一時帰国した際には必要になりますし、

海外で保険対象外として一時的に自己負担した療養費も、

日本の健康保険に加入していれば高額療養費として請求できます。

 

高額療養費が使えない場合でも、

本来日本での支払うべき金額(3割負担)を超える部分について、

会社から返還してくれる場合もあります。

 

渡航に際して、健康保険や社内規定などを改めて確認しておきましょう。

 

332544

 

3.厚生年金

 

1.に書いた通り、海外に転居しても基本的には厚生年金は維持されます。

 

ただし、現地子会社に転籍などの場合など、

給与支払形態が現地支払いになっていると

日本の厚生年金資格は喪失する可能性もあるので、事前に確認しましょう。

 

c9366f2c929a011932e753d949eaec3a_s

 

また年金に関して、住所変更手続きを忘れずに行いましょう。

 

住所をそのままにしておくと、ねんきん関連の書類(ねんきん特別便など)が

最後に住民記録にあった住所に送られてきてしまいますので、

会社を通じて住所変更手続きをしておきましょう。

 

その際は、実家など確実に郵便を受け取ってくれる先を登録しておくと便利です。

 

自身の経験上、初めて海外渡航した際はうっかりこの住所変更手続きを

忘れてしまい、後日に郵便局に転送届を出して

旧住所への郵便物を実家に転送することで対応しました。

 

転送届は1年間ごとに更新手続きが必要です。

 

Sponsered Link

 

4.免許証

 

海外に滞在する期間にもよりますが、

 

  • 滞在中に更新期限が来ることが確実な場合
  • 更新期限までに一時帰国が難しい場合

 

は、特例措置として本来の更新期間でなくとも更新手続きが可能ですので、

事前に更新を済ませてから渡航することをオススメします。

 

万が一、更新期限を過ぎて、免許が失効してしまうと、

再度取り戻すのが非常にややこしいので注意が必要です。

 

130029

 

海外在住時に一時帰国して更新手続きを対応する時は、

日本での一時滞在先(例えば実家)を居住地として更新が可能ですが、

 

【一時滞在先(実家)】と【免許証に記載されている住所(旧住所)】が異なる場合は、

一時滞在先の住所証明など特別な手続きが必要となりやや面倒です。

 

この場合は、一時滞在先を証明する書類を作成したうえで、

免許センターや限られた警察署で更新をすることになります。

必ずしも最寄りの警察署で更新ができるとは限りません

 

参考までに、我が家の場合は、

 

  • 幾度も海外転勤を繰り返している
  • 持ち家でない(日本では都度社宅へ入居している)

 

ので、毎回免許証の住所を書き換えるのが非常に手間であり、

 

かつ海外在住中に実家へ帰省して免許更新を行う際に、

一時滞在先(実家)と、免許証記載の住所が異なると手間になってしまうので、

基本的にここ何年かは免許証の住所は実家に固定しています。

 

実家に住所を固定しておくことで、

メリットとしては海外在住時の免許更新の手間が省けます

 

一方で、デメリットとしては、日本に住んでいる期間は、

【免許証の住所(実家)】と【実際に住んでいる場所(社宅)】が異なるので

免許証を身分証明書として使えないというデメリットもあります。

 

ただし、顔写真付きの身分証明書としては、

他にパスポートだったり、最近では個人番号カードも使えますので、

そちらで代用しています。

 

※「海外引っ越し」について記事をまとめてありますので、

こちらの記事も合わせてどうぞ↓ ↓

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]