前回記事、



に続きます。

 

10.現地の気候に合わせた服・小物

 

これはかなり渡航先に左右されるところです。

また、個人のサイズファッションの好みによっても

大きく分かれるところです。

 

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

 

個人的には、以前アメリカに住んでいた時は、

ニューヨークという土地柄、

セールやアウトレットは豊富だし、

自分にとってはアメリカサイズがちょうど良く(参考までに身長170cm)、

日本ではいつもサイズがなくて困っていたのが噓のように、

選択肢が増えました。

 

それでも好みのお店や馴染みのお店を見つけるまではある程度時間がかかりましたし、

どんどん四季も変化していくので一通りは日本から持っていったほうがいいと思います。

 

また、現地の寒さは東京とは比べ物にならず、

日本で使っていたようなファッション性重視のコートはあまり出番がなく、

実用性重視で保温に優れた現地のコートを買い直した記憶があります。

 

現地の気候に適した服は向こうでいくらでも手に入るので、

必要に応じて現地で少しずつ買い足すと良いと思います。

 

続くタイ生活では、今度は常夏とあって基本的に必要なのは夏服のみでした

 

コートやニットなど全ての衣類を持参してしまったのですが、

一時帰国したときに少し使うくらいで、

完全に部屋のスペースを食うだけの箪笥の肥やしでした。

 

今思えば、コート1~2着と、ニットも数枚だけ持参し、

あとは日本に置いていってしまっても十分事足りたと思います。

 

夏服は現地で買えれば良いのですが、

タイ人は日本人と比較しても全体的に小柄なので、

マーケットで売られているプチプラアイテムなどは基本的にワンサイズで、

日本でいうS~Mサイズのものばかりでした。

 

また、値段は数百円~1,000円くらいのものがゴロゴロあり、

非常に安くてファッション性も高いのですが生地も作りもチープ。

 

小柄な方、プチプラファッションが好きな方は、

存分に現地での買い物が楽しめると思います。

 

b185f2ab176048c27579b30c8596e231_s

 

日本のユニクロ、ZARAやH&Mといったファストファッションも

デパートにたくさん進出していますが、

現地にとっては輸入品なので割高に感じました。

 

最後に、忘れていけないのは宗教的なこと

 

保守的な宗教の国では、

あまり肌を出したファッションは避けたいところですし、

例えばタイではお坊様の袈裟が山吹雪(マスタード)&オレンジ色のことが多いので、

現地では意識してなるべくマスタード色のファッションは避けていました。

 

こういった経験からも、

現地で手に入る洋服やタブーなどをあらかじめ想定して、

心配ならば日本からある程度持参していった方が安心だと思います。

 

Sponsered Link

 

11.子供に必要なもの

 

子供に必要なものをとりあえず列挙してみます。

 

  • オムツ
  • おしり拭き
  • 粉ミルク
  • 離乳食
  • 石鹸
  • ローション
  • バスチェア
  • 布団
  • おもちゃ
  • 本、DVD
  • ベビー小物(歯ブラシ・綿棒など)
  • 服、下着

 

実は子連れの引っ越しは自分自身も今回が初めてなので、

今現在、リアルに手探りで進めています。

 

79380a9b479d8234bfb123d8630ba6b9_s

 

子供の年齢によっては、上記の中に不要なものもあると思いますが、

当面の生活用品は必ず持参したほうが良いと思います。

というか自分自身も今回準備するつもりです。

 

娘の場合は、1歳6か月とまだミルクも離乳食もオムツも必要な年齢なのですが、

数か月後の引っ越しのタイミングまでにできればミルクは卒業しようかと検討していますし、

離乳食もあらかた卒業して大人食に切り替えられそう、と考えています。

もし難しいようであれば、離乳食のパックをまとめて用意するつもりです。

 

オムツについては、まず必要となるLサイズを2パックぐらいは準備しますが、

キリがないですし、かさ張るので、その後は現地調達になると思います。

 

ちなみにインドネシアは関税の問題でオムツを持ち込みできない問題があり、

当面の分くらいは携行品として持ち込み可能なようなので、

最小限のオムツを持ち込むつもりでいます。

 

いづれにしても船便が現地に届くまでの間に必要なものを最低限は用意しておき、

徐々に現地のものに切り替えていきたいところです。

 

ちなみに、日本語の本DVDは現地の日本の書店で取り扱いがなかったりして

なかなか手に入らないですし、

あったとしても日本の1.5倍~2倍近くの値段がする場合もありますので、

持参することをオススメします。

 

ちなみに、いずれのアイテムも引っ越し時に大量に船便で持ち込みたい

考えていましたが、国によっては関税の問題で不可能なこともあるので、

このあたりの輸入事情は、引っ越し業者に相談すると色々と教えてくれます

 

実際に現地で手に入りにくいもの、

高額なので日本から持参したほうがいいものについての情報などは、

  • 現地の子育てママのブログ
  • 情報掲示板
  • 現地の不動産屋のブログ

を参考にしたり、

実際に知り合いがいる場合はその人に直接聞くのが一番確実だと思います。

 

情報収集に関しては、よろしければ以前の記事、

も参考にしてくださいね。

 

※「海外引っ越し」について記事をまとめてありますので、

こちらの記事も合わせてどうぞ↓ ↓

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]