今回風水収納整理の個人レッスンを受けて、

実際に収納の達人のお宅の収納を拝見して、

自分の中での収納に対する考え方がガラっと変わりました。

 

  • 必要なものってこんなに少なくていいんだ?!
  • キレイに整頓された家ってこんなに居心地がいいんだ?!

という驚きだったり、

 

  • 家をキレイにキープするための工夫や、

たかが収納されど収納、

  • 実際に家族仲が良くなったり、
  • お子さんへも良い影響があったエピソードをお聞きしたり、

心理的な影響力も大きいことを知りました。

 

 

たしかに断捨離&模様替え&掃除などは大変な作業でもありますが、

行うに値する十分なメリットがありますし、

今ではほんと実践して良かったー!と思います。

 

過去記事:

ママの視点で風水を活かした間取り(子供部屋に最適な方角など)や

収納実践記をまとめましたので、よろしければご覧ください。

↓ ↓

 

もともと自分自身、片付けは好きな方ですし、

モノも捨てられるタイプだと自負していますし、

決して収納整理は苦手ではなかったはずなのですが、

それでも目からウロコ。

 

今回、収納のプロ(達人)に教わったなかで、

  • 特に役立った収納のやり方、
  • 意外で使える情報、

を中心にまとめてみたいと思います。

 

 

Sponsered Link

 

 

プラスチック収納ケース、メタルラックはNGです!

 

ご自宅の収納タンス、収納棚にはどんなものを使っていますか?

 

我が家はまさに、プラスチックタンス、メタルラックを

めちゃくちゃ愛用していました。

 

 

プラスチックタンスって、軽くて値段もお手頃だし、

メタルラックは可動式で便利だし、組み換えやアレンジも自由だし、

 

引っ越しの多い我が家ではほんと重宝していたのですが、、、

先生曰く、プラスチックタンス、メタルラックはNGとのこと。

 

もともと風水的に化学素材であるプラスチックが好ましくないという理由もありますが、

自然素材(特に木製がGOOD)のきちんとした収納タンス・収納棚を用意することが大事

 

 

何故かというと、以下の理由からだそうです。

 

  1. 自然素材が風水的に良いこと(特に子供への影響)
  2. 高級感があること
  3. 重たいし値段もそこそこするので安易に収納を増やせないので、収まる分だけのモノしか買わずに済む
  4. 頻繁に買い換えないことから、ちゃんとしたお気に入り商品を選ぶので愛着が沸くこと

 

逆に言えば、プラケースやメタルラックは

安易に追加購入できてしまうので、モノがどんどん増えてしまうんですね。

 

確かに、我が家にはプラスチックのタンスが6つもありました。

メタルラックは8つ。かなり多いですよね(笑

 

今は夫の仕事で転勤が多く賃貸物件(社宅なので)なので

いつか家を購入したらいい家具を揃えたい!なんて言い訳もあるのですが、

そんな私に、先生が一言。

 

 

「いつか、、とずっと待っていたら、このままずっと仮暮らしの生活になっちゃいますよ」

 

この一言は説得力ありました!その通りですよね。

 

レッスン後は断捨離の成果もあって、

それぞれ半分くらいに減らすことができました。

 

 

そして、結婚して以来(10年以上)初めて、

木製のテレビラックと収納棚を新調しました。

たかがこれだけの変化でもリビングが驚くほどスッキリと、

木目調で統一されて居心地よい空間に変わりました☆

 

近々、順次タンスや本棚も木製に替えていく予定です。

 

Sponsered Link

 

 

倉庫、トランクルームは使わない

 

先生曰く、モノは大きく4種類に分別できるそうです。

 

  1. シーズンもの(今のシーズン~直近3か月くらい)
  2. シーズンオフのもの
  3. 使っていないもの(捨てられない)
  4. 使っていない(捨てても良いもの)

 

実は本当に必要なものは1と2だけ。

多くの人は3と4で部屋を埋め尽くしてしまっているそうです。

 

 

確かに、言われてみれば「いつか使うかもしれない」と、

いつまでも保管しているものが意外とありませんか?

 

我が家のケースで言えば、

  • いつかまた使うかもしれないお洋服・鞄(特にブランド系など高かったものなど(笑))
  • 子供の洋服・おもちゃ(いつか2人目が生まれたら使うかも?!)
  • 海外で使うリネン類(海外転勤が多いので大型ベッド用リネンを保管)
  • 思い出深い人形や家の装飾品
  • 子供が生まれて置けなくなってしまったもの

 

などなど、こんなに沢山。

プラケースやメタルラック、押入れ、マンション備え付けの物置スペースを

かなり占めていました。

 

 

でもよくよく考えてみると、何年も使っていないのが事実

 

「いつか使うかもしれない(使わないことがほとんど)、、、

のために不要なもの(ゴミ)に囲まれて窮屈な生活を強いられるくらいなら

いっそ手放してしまった方がいいと思いませんか?」

 

と、先生に言われてハッとしました。

 

子供の洋服・おもちゃも、

確かにお下がりを保管しておいた方が家計にはやさしいですが、

 

風水的にも新しいものの方が運気が良いですし、

いくら兄弟とはいえ、それぞれに合った、お洋服やおもちゃを

その時々に用意してあげた方が本人も喜びますよね。

 

一方、先生のお宅を拝見すると、

必要なもの、使うものだけに絞られているので、

  • 部屋がスッキリ、広く使える
  • 不必要なものを目にしないのでノンストレス

ということを目の当たりにしました。

 

Sponsered Link

 

 

一つ一つの部屋に持ち主を決める

 

ご自宅に物置部屋はありませんか?

 

例えば、我が家は現在家族3人で3LDKですが、

レッスンを受ける以前は、3部屋中の2部屋がほぼ物置状態になっていました。

 

  1. 夫の書斎→単身赴任でほぼ不在なので物置同然
  2. ストックルーム→家族のものすべてをストックしている状態

 

物置部屋の何がマズいかというと、

  • 所有者がバラバラなものが混同してしまうこと、
  • とりあえず式にモノがあふれてしまうこと、

です。

 

 

一方で、部屋一つ一つに所有者(部屋の主)を決めて、

その部屋はその部屋の主のモノだけで完結させると、

モノをあちこち探す必要もなくなりますし、

部屋の持ち主のモノに対する管理責任が芽生えて、

整理整頓を行うモチベーションとなります。

 

特に子供にとっては、きちんと自分の部屋、自分のスペースを確保して、

そこにおもちゃ棚や本棚、タンスを収納すると、

自分で管理、整理整頓できる習慣が身につくそうですよ。

 

小さい頃からの習慣は大事ですよね☆

 

 

例外としては、家族の人数以上に部屋があるお家。

その場合は物置部屋として使っても構わないそうです。

 

早速、我が家でも物置き状態の部屋をそれぞれ夫と自分の部屋に振り分け、

そして今まで単に寝室として使っていた和室を寝室兼子供部屋に変えて

家族それぞれの部屋になるように整頓しました。

 

特に夫の書斎がめちゃくちゃ快適になったこと、

子供の遊び場を確保して、おもちゃや本の収納スペースをまとめたことで、

リビングが散らかるストレスから解放されたのが大きいです。

 

今ではちゃんと自分の部屋をお片付けするように、

しつけまで出来るようになりました。

↓ ↓

 

Sponsered Link

 

 

できるだけプラスチック、ビニールは使わない

 

先ほども少し触れましたが、

風水的には化学素材であるプラスチックやビニールは好ましくありません。

自然素材(木、布、金属、ガラス、陶器など)を推奨しています。

 

 

ですので、収納としては木の箱や布袋、ガラス容器、などが適しています。

とはいえ、家の中からすべてプラスチックやビニールを排除するのは難しいですよね。

 

ですが、例えば下記のようなちょっとした一工夫でも大分活用できますよ☆

  • シーズンオフのお洋服は不織布の袋に入れておくと軽くて衣替えにも便利
  • クリーニングから戻ってきたお洋服のビニールは外して、代わりにクローゼットカバーに替える
  • シャンプーやリンス類など、ガラス容器に入れ替える

 

いずれも100円均一で揃えることができますし、

見た目にもオシャレになるので楽しく収納管理できますね。

 

 

ちなみに子供がいると、どうしてもプラスチックの製品が増えますが、

子供が成長するまでの一時的に使うものについては問題ないそうです。

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]