この夏から娘を認可外保育園に預けることとなった我が家ですが、

 

保育園探しにあたって、

  • 認可外、
  • 認証、
  • 認可外保育園、

 

と保育園にもいろいろ種類があること、

 

何となく認可保育園の条件が良いのはわかっているけれど、

具体的に認証、認可外保育園とは何が違うんだろうか?

と素朴に疑問に思ったのでまとめてみました。

 

娘を保育園に預けることになったストーリーはこちら↓

 

Sponsered Link

 

 

認可保育園とは

 

認可保育園とは、児童福祉法に基づいて、

【施設の広さ】

  • 乳児室またはほふく室:0歳児および1歳児1人あたり3.3m2
  • 保育室等:2歳児以上1人あたり1.98m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)

 

【保育士等の職員数】

  • 0歳児おおむね3人につき1人以上
  • 1歳児および2歳児おおむね6人につき1人以上
  • 3歳児おおむね20人につき1人以上、
  • 4歳以上児おおむね30人につき1人以上

 

【給食設備】

  • 自園調理または委託

 

【防災管理】

  • 建築基準法、消防法等関係法令の定めるところに従う

 

【衛生管理等】

  • 採光、換気等入所児童の保健衛生

 

など一定の基準をクリアして自治体により認可された施設です。

自治体の運営する「公立保育園」と民間が運営する「私立保育園」があります。

 

 

認可保育園の特徴

 

【入園の条件】

「仕事や病気などの理由で、保護者が0歳~小学校就学前の子どもの保育ができない」

と認められた場合に利用できます。

 

【家計負担】

公費により運営されているため、家庭への負担は限定的で、

世帯収入によって負担額が異なります。(平均3万円くらい)

 

【申し込み】

申し込みは自治体の窓口を通じて行います

 

やはり、国の基準により一定の環境が用意され、

安全レベル、衛生レベルが確保されている安心感は大きいですよね。

 

一般的に両親が仕事を持つ家庭が保育園を検討する場合には、

この認可保育園を希望することがほとんです。

 

ただし、昨今の待機児童問題で、

希望の保育園に一発合格できる可能性は非常に低く、

認可は全滅という家庭の悲鳴も続出するのが現状です。。。

 

Sponsered Link

 

認証保育園とは

 

パラゴンママは現在東京在住なので、

東京都独自の基準による認証保育園があります。

 

都市部では定員や敷地面積などで実現が容易ではない要件が含まれるため、

立地や開所時間など基準を緩和した認証保育所制度が創設されました。

  • 0歳児と1歳児の1人当りの基準面積が2.5平方メートルに緩和(認可保育所は3.3平方メートル)
  • 13時間以上の開所が基本(認可保育園は11時間)

 

認証保育園には2種類あり、

  • A型保育所は、定員の20~120人のうち、0~5歳が対象(0~2歳児が2分の1以上を占める必要がある)
  • B型保育所は、定員は6人~29人までで、0~2歳児を対象(小規模な家庭的保育所として位置づけ)

 

認証保育園の特徴

 

【入園の条件】

仕事や病気等の理由を問われないこと、

在住や在勤の地域にかかわらず入園可能で、

認可保育園に比べて入園へのハードルは低くなります。(例外あり)

 

【家計負担】

保育所の運営費の一部は都と区より補助されているため、

保育料は保育所が設定しますが上限が7~8万円ほどです。

 

【申し込み】

保育園へ直接、入園の申し込み、保育料の納付を行います

 

都が設置を認証し、区市町村とともに指導が実施されています。

主に認可保育園の受け皿として利用されることが多いですね。

 

東京都の自治体ごとのHP上で、

認可保育園と並んで認証保育園の待機状況等の情報も確認することができます

 

ちなみに私の住む区では認証保育園ですらすべて埋まっており、

待機組がいるのが現状です。

 

 

認可外保育園(認可外保育園)とは

 

児童福祉法に定める保育園の基準に当てはまっていて

国から認可を受けた保育園が認可保育園となる一方、

 

園庭がない、広さが無い、保育士の人数が足りない、

などの理由により自治体から認可を受けていない保育園

認可外保育園(無認可保育園)です。

 

認可外保育園の特徴

 

 

【入園の条件】

仕事や病気等の理由を問われないこと、

在住や在勤の地域にかかわらず入園可能で、

認可保育園に比べて入園へのハードルは低くなります。(例外あり)

 

【家計負担】

保育料は認可保育園と比べるとやや高めです。

ただし個人の状況(例えば認可保育園の待機状態である場合など)

によっては補助が出ることもあります。

 

【申し込み】

保育園へ直接、入園の申し込み、保育料の納付を行います

 

基本的に運営する民間主体の特徴が顕著に出るので、

保育園のサービス(保育)品質にもかなり差が出やすいと思われます。

 

一方で、延長保育・夜間保育・休日保育・中には24時間保育など、

時間外保育が充実していることが多いです。

 

なんとなく危険、子供が何をされるか分からない、

ニュースで流れるような悲しい事故が起こるのも

認可外保育園に多いイメージがあり、

 

認可保育園、認証保育園の受け皿として使われることが多いです。

 

ただし、園庭を確保できない保育園などは一律認可外(認証も含めて)

という扱いになってしまうため、

認可外保育園だからといって一律に良くないと決めつけるのも早計かもしれません。

 

 

終わりに

 

我が家はこの夏から娘を認可外保育園(無認可保育園)に入れることに至った訳ですが、

 

認可外保育園って、そもそも園児数も少ないので

保育園情報サイトでもほとんど口コミもないしで

 

保育園探しにあたっては「実際のところどうなの?」

という疑問・不安が大きかったというのが実感です。

 

こればかりは自分で足を運んでみないと分からないことも多いのですが、

実際に見学に行くにあたって、心の準備やチェックポイントを押さえておくだけでも

だいぶ違うんじゃないかと思います。

 

次回の記事では、

 

  • なぜ認可外保育園に入れるの?(大体想像はつくと思いますが(笑))
  • 今回初めて保活をしてみて知った現実
  • 実際に認可外保育園を見学して気が付いたこと
  • 認可外保育園を実際に選んだ際に重視したポイント

 

 

などをまとめていきますので是非参考にしていただければと思います。

 

 

Sponsered Link

 

LINEで送る
[`evernote` not found]