蒸し暑い日々が続きますね。

 

突然ですが、歯のお手入れはどうされているでしょうか。

歯ブラシ、歯磨き粉など、「これ!」と決まった愛用ブランドがありますか?

 

今日はかれこれ7年ほど私が愛用している歯磨き粉、

supersmile(スーパースマイル)」についてレビューします。

 

 

Sponsered Link

 

 

supersmile(スーパースマイル)を使ったきっかけ

 

ずばりアメリカに住んでいた頃に、

【歯科医療の最先端である本家アメリカで評価が高い歯磨き粉】

色々リサーチして見つけました。

 

HPより引用

 

実はアメリカに渡った当時は、私自身は正直歯のことなんて

たいして気にしたこともありませんでした。

 

歯並びも酷かったですし、

歯の色も気にしたことなかったし、

歯医者なんて虫歯の治療ぐらいしか行かなかったですし、

そもそも歯に対する美意識という感覚がありませんでした。

(その後30歳にして矯正とホワイトニングを行いましたが)

 

ところが、アメリカや欧米では歯の美しさ=ステータスと知り、

歯並び、歯の色、歯に対する美意識が非常に高く、

ある意味マナー・教養というか、家柄を表すというか、

まさにステータス(象徴)であると体感しました。

 

子供のころからきちんと矯正して歯列を直し、

定期的に歯医者に通って白く健康的に保つ社会的風潮が当たり前なんですね。

これには驚かされました。

 

最近では欧米に限らず、東南アジアでも

一定以上の裕福な階級・家庭の子供達は皆、子供のころから

歯列矯正を行っています。

 

それぐらい歯に対する意識がグローバルで浸透しているということでしょうか。

 

 

スーパースマイルの特徴

 

スーパースマイルの特徴として、

ホワイトニング効果にこだわっている点は以下の3つです。

 

  1. 独自成分(カルプロックス)により歯のエナメル質を傷つけることなく歯の着色汚れを分解できること
  2. フッ素を配合することで黄ばみから守ること
  3. エナメル質の再石灰化を促進するカルシウム・マグネシウム・リンなどのミネラル成分を配合していること

 

 

特に私が注目したいのは1番の「エナメル質を傷つけない」という部分です。

 

一般に、ホワイトニング効果の高い磨き粉で懸念されるのは、

研磨剤の含有量が多すぎること(歯の表面のエナメル質が傷ついてしまう)ですが、

安全にホワイトニングできるのは大きなポイントですね。

 

また、以下に安全性」「ホワイトニング効果」の実証データも示されています。

 

公式HPより引用

 

このデータによると、

【安全面】

  • 研磨剤の含有率は米国安全基準の25%以下

 

【ホワイトニング効果】

  • プラーク(歯垢)除去効果は従来製品の10倍
  • 輝き・艶効果は米国の喫煙者用製品の4.2倍
  • ホワイトニング効果は米国トップブランド製品の2.7倍

 

という内容が示されています。

 

研磨剤含有率という安全性はもちろん、

「プラーク(歯垢)除去効果」や「ホワイトニング効果」も

他社製品の数倍以上というのは、期待大の数値です。

 

 

Sponsered Link

 

 

スーパースマイルを使ってみた感想

 

実はここ最近、スーパースマイル以外のホワイトニング系の歯磨き粉を

楽天やアマゾンなどで色々と試してみたという経緯があります。

 

お値段的にもっと安いものがあればベターだと思っていたのですが

どうも他の歯磨き粉では磨いた後もまだザラつきが気になってしまい、

やっぱりスーパースマイルに戻しました。

 

一度使うと驚くのですが、やぱり

  • スーパースマイルのこのツルツルの仕上がり
  • 着色除去(ホワイトニング)効果

は他に代えられません。

 

磨いた後の、歯の舌触りが他社製品よりも全然ツルっとしていて

気持ちがよいですし、

 

磨いたあとに洗面台で歯磨き粉をペッと吐き出すと気が付くのですが、

ちゃんと着色汚れが落ちていることが目でも確認できて

毎日の歯磨きがちょっと楽しくなります。

 

味はどちらかというとちょっと辛めのミント

フリスクほど刺激は強くはありませんが、似たような味です。

 

 

癖のないビリリとしたミント味がしてすごく爽快感があり、

変な後味が残ることはありません。

 

 

スーパースマイルの使い方

 

通常の歯磨き粉と違うのは、

スーパースマイルは歯ブラシを水につけずにダイレクトに使用する点です。

水に薄めずに使用する方が効果が高いようです。

 

また、使用量は通常の歯磨き粉よりも少なく済むので、

長持ちするのが嬉しいですね。

 

公式HPより引用

 

 

お値段は、公式ページでは119グラムで2,800円ですが、

アマゾンや楽天などでは2,000円ほどで購入できます。

 

やはりお値段はドラッグストアで売られている市販の歯磨き粉に比べると高いですが、

一度の使用量が少ない分長持ちしますし、

 

一度、この磨き終わりのツルツル感や爽快感、

着色除去効果を実感すると他に代えられません。

 

我が家では大体、約3ヶ月に1本くらいの頻度で購入しています。

 

 

 

パラゴンママの雑感

 

以下はとある歯医者のHPより引用させていただきますが、

 

「自由が丘歯科室」HPより引用

 

グローバル社会を見据えて、

今後日本でも、やはり歯に対する美意識がどんどんと変わっていくと思います。

 

自分の歯もそうですが、

これからのグローバル時代を生きていく子供のためにも、

世界標準のマナーとして、正しい歯のケアと

歯に関する意識をちゃんと高めておきたい、

と思っているパラゴンママの雑感でした。

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]