そろそろ紫外線の気になる季節になってきましたね。

近年では大人だけでなく子供にも紫外線対策が必要な時代になってきました。

 

これまでUPした紫外線対策は以下のとおりです。

↓ ↓ ↓

 

以下の人気記事も、よろしかったら是非ご覧くださいね。

 

Sponsered Link

 

 

さて、今回は男性の日焼けについて取り上げたいと思います。

 

実は私の夫は、ここ3~4年で日焼け止め愛用&日傘男子に変わりました。

その前までは「男は日焼けした方が健康的に見えていいんだ!」と言っていたのに、です。

 

 

どうやら、ちょうど東南アジアのタイに駐在していた時期を挟んで、

日焼けに対する意識がガラリと変わったようなんです。

 

まだまだ日本では抵抗感も強い人もいる「男性の日焼け対策」

我が家の体験したことも元に、面白ネタも含めてお話します!

 

 

東南アジアでは色黒男性より色白男性が断然モテる!

 

 

日焼け男子に対する憧れもまだまだ根強い日本ですが、

最近、街を歩けば色白の男性も多くなってきたと思いませんか?

 

実際に最近売れっ子の男性芸能人も、ひと昔前に比べて色白・美肌タイプが多くなったし、

日本でも人気の韓国系男性アイドルをはじめとして軒並み色白&美肌と感じるこの頃ですよね。

 

私もタイに住んでみて実感したことですが、

 

 

実は東南アジアでは色白男子の方が断然モテるんです

 

 

 

これは「地理的な気候」や、「階級社会」など複数の事情が関係していると思われます。

 

多くの東南アジアの国々では常夏の気候のために、

普通に生活しているだけでどんどん日に焼けてしまいます。

 

さらに屋外で働く工事現場等の肉体仕事であればあるほど、

日焼け具合は尋常でなく、いわゆる真っ黒肌。

 

一方、いわゆる高所得者のオフィスワーカーとして働く人たちは、

日中オフィスにいるためにあまり日焼けせずに済みます

 

また、お金持ちの大半は中華系(華僑)の移民であることが多いので、

もともと褐色の肌の現地民族系の人たちに比べても色白な傾向にあり、

「色白=お金持ち=憧れ」という風潮が非常に強いです。

 

ですので、東南アジアでは「男性の美白信仰」は全くおかしなことではなく、

街中に貼られているポスターもCMもみんな色白男子。

男性の日焼け止め等にもあたりまえのように美白成分が含まれていたりします。


↑日本でも大人気のジェームス・ジラユの公式HPより

 

色白であるだけで一目置かれる東南アジア

離島やリゾートで真っ黒になるよりも色白のままキープした方が断然モテるんですね☆

 

現地に駐在する人はもちろん、東南アジアに旅行する人も、

色白&小綺麗な男性を心がけると現地で色々と優遇されるチャンスかもしれません!

 

この事実を知って、日焼け止めを愛用するようになった我が家の夫、

日本では至って普通の人ですが、

タイに行ってから「カッコいい」と言われる機会も多く(水商売の人だけでなく(笑)、

色白男子目指して、日々日焼け対策を頑張ってます!

 

Sponsered Link

 

 

欧米では日焼けが尊ばれる?!

 

 

一方、欧米では日焼けが好まれる傾向がありますね。

これはもともと欧米では日照時間が少なく、肌の色素も薄いので、

「日焼け肌=リゾート先で焼いてきた=ステータス」

という構図の憧れとも言われます。

 

また日焼け肌は健康的な一方で、色白は不健康という考え方が根強いです。

ないものねだりですね。

 

実際パラゴンママも、NY在住時に、素足&サンダルで歩いていたら、

コスメ売り場の美容部員さんにタンニング用クリームを勧められてしまった経験があります。

 

以降、夏場はタンニングクリームでわざわざ素足を小麦色に見せていた訳ですが、

女性ですらこうですから、ましてや男性の色白というとより風当りが厳しいかもしれません。

 

 

ですので、欧米志向や欧米に行くチャンスのある人は、

少なくとも真っ白は不健康なイメージを与えてしまうので、

適度に小麦色をキープする必要はあるかもしれませんね。

 

 

日焼けは肌の老化、しみ、シワを招く

 

 

ここまで、アジア=色白志向欧米=日焼け志向

とお話しましたが、長い目で考えた場合、

日焼けはやはり紫外線による肌の老化、しみ、シワを招く原因となります。

 

また無理に肌を焼くことでやけど(サンバーン)を起こして皮膚がんリスクが高まったり、

急激に紫外線を浴びすぎて私パラゴンママのように紫外線アレルギーを引き起こすことにもつながります。

 

紫外線アレルギーになってしまった経緯はこちら↓ ↓

 

以前も紹介しましたが、紫外線のうち、

  • UV-Aは肌の真皮にまで到達して肌のコラーゲンを破壊して老化、しみ、シワを引き起こし、
  • UV-Bはサンバーンといわれる肌のやけどにより、DNAを破壊し、皮膚がんのリスクを高めます。また目の日焼けによる白内障を引き起こす原因ともなります。

 

また、日焼けを繰り返すことにより、老化や乾燥が進み、

肌の状態がボロボロになってしまっては清潔感を失ってしまい本末転倒です。

 

やはり、日焼けをするにしても、日焼け止めをうまく使いながら肌ダメージを減らし

決して無理をせずに行うことが大事です。

 

 

色白男性の良い点は?

 

 

①清潔感がある

 

なんといっても色白の肌は清潔感があり、きちんと手入れされている印象がありますね。

日焼けによる肌ダメージが少ないので、肌コンディションもよく見えます。

 

②チャラチャラしてなくて知的で落ち着いた印象

 

必要以上に日焼けした肌は、どうしても海などでチャラチャラ遊んでいる

男性のイメージを持ってしまいます。(思い込みかもしれませんが)

 

学生など若いうちは良いですが、社会人としてビジネスの場に出た際に、

お客様にもそのような印象を与えてしまっては、信用度も下がってしまいますね。

 

③肌の老化速度が遅く小綺麗なオジサマに

 

紫外線による肌ダメージは10年以上経って徐々に表れてくるものです。

紫外線対策の小さな積み重ねが、中年以降になった時に、しみ・シワとなって老け度合いに差が出てきます

 

 

最後に、個人的意見としてパラゴンママの独自意見としては、

色白男性に対して肌が手入れされていて清潔感もあり、決して「気持ち悪い」「男らしくない」とは思いません

 

ただし、確かに色白で細身で性格も優しすぎると、「ちょっと女性的かなあ」、とも思いますので、

体系や性格、リーダーシップなど、どこかに男らしさ、力強さを感じるポイントがあるとよりカッコイイ印象です。

 

Sponsered Link