そろそろ紫外線の気になる季節になってきましたね。

近年では大人だけでなく子供にも紫外線対策が必要な時代になってきました。

 

前回は「紫外線による肌への影響とダメージとは?」

についてまとめてみました。

↓ ↓ ↓

 

 

近年、紫外線の中でも有害なUV-Bが増加することで起こる

日焼けによる肌ダメージは誰もが避けたいところですが、

 

※UV-Bとは何か?について知りたい方は、あわせてどうぞ↓ ↓ ↓

 

そもそも紫外線に当たっても

「日焼けしやすい人」「日焼けしにくい人」がいますよね。

 

 

 

そこで今回は、

「日焼けしやすい人」と「日焼けしにくい人」って何が違うの?

という疑問についてまとめてみました。

 

Sponsered Link

 

 

1.フォトスキンタイプの違い

 

人のフォトスキンタイプは大きく分けて6段階あります。

 

引用元:公益社団法人日本皮膚科学会

 

【Ⅰ】は白人の中でも最も白いタイプ、

【Ⅵ】は黒人の肌タイプを示していて、

 

日本人は、主に【Ⅱ~Ⅳ】に分散しています。

(数は少ないものの【Ⅰ】や【Ⅴ】のタイプもいます)

 

日本人に最も多いタイプ【Ⅲ】を想定した場合、

真夏の太陽の下で20分以上過ごすと日焼けによるやけど(サンバーン)を起こします。

 

皮膚がんに対して最もリスクが高いのはスキンタイプⅠとⅡで、

紫外線から本来肌を守るためのメラニン色素が作り出されていない

リスクが高いのです。

 

 

フォトスキンタイプと自分の肌を照らし合わせてみて、

紫外線を浴びてすぐに赤くなるタイプの肌の人は、

皮膚がんリスクが高いことを認識したうえで予防しましょうね

 

 

2.乾燥肌の人は要注意

 

乾燥肌は肌表面の角質細胞や細胞間の水分量が足りていないことで起こります。

水分量が足りないと細胞にスキマができてバリア機能が弱ってしまいます

 

すると紫外線などの外部刺激をバリアして跳ね返すことができず、

日焼けダメージを受けやすくなります

 

水分の潤った肌コンディションであるかどうかも

日焼けしやすさを左右する原因なのです。

 

 

 

3.日焼けを起こしやすい食べ物を朝食に食べている?!

 

「スムージー派」のあなた!

 

日焼けを起こしやすい=紫外線を吸収しやすくする成分「ソラレン」

含む食品を日常的に(特に朝食に)接種していませんか?

 

ソラレンは紫外線の感受性を高める「光毒性」の作用をもつ成分で、

実は意外にも、

 

  1. ビタミンを多く含むレモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイ
  2. 夏野菜のきゅうり、セロリ
  3. その他、しそ、みつ葉

 

などに含まれています。

 

特に1と2のフルーツや野菜など、

毎朝スムージーなどで大量に摂取していないでしょうか。

 

 

ソラレンは、接種した後2時間で全身に行き渡り、

7時間ほどの持続力があるといいます。

 

紫外線の降り注ぐ時間帯である朝食や昼食時間帯での接種は避け

夕方以降や夜に接種するよう時間帯に気を付けたいものですね。

 

 

4.室内でも紫外線は浴びています!

 

家の中や電車、オフィス、などのシチュエーション。

実は建物や乗り物の中にいても、ガラスを抜けて紫外線は入ってきています

 

皮膚がんなどを引き起こす有害なUV-Bはガラスで遮断されますが、

メラニンを生成して黒化作用のあるUV-Aは、窓ガラスでも40%くらいしかカットされません。

 

  • 残りの60%ほどは室内へ侵入し、
  • 特に窓際であれば80%ほどが透過し、
  • 日の当たらない室内部分でも10%ほど

は紫外線を浴びていることになるそうです。

 

 

一日中外出しないから、曇っているから、などの理由で

室内で無防備な状態のままで過ごしていると、

「いつの間にか日焼けしていた!」、なんてことになりかねません。

 

室内にいるときなどは、肌に負担の少ないベビー用の日焼け止めなどでも

構いませんので、常にUVケアだけは心がけましょうね。

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]