いよいよ桜シーズンになりましたね。

我が家の近所の桜もだいぶ花開いてきて、

近くの公園は早くもシートを広げた親子やカップル、学生たちで賑わっています。

 

そんな中、今朝のテレビ各局の情報番組で、

日本で最も有名な桜であるソメイヨシノが日本からなくなるかも?!

という気になるニュースをキャッチしましたので調べてみました。

 

Sponsered Link

 

ソメイヨシノの由来

 

ソメイヨシノ(染井吉野)江戸の末期ごろから染井村(現在の東京都豊島区駒込)に

集落を作っていた植木職人らによって品種改良されて広まった桜です。

 

 

遺伝子的にエドヒガン(江戸彼岸)オオシマザクラ(大島桜)

掛け合わせであることが証明されています。

 

↓ エドヒガン               ↓ オオシマザクラ

 

ソメイヨシノの繁殖

 

明治時代に政府の後押しもあって全国的に広まり、

今や日本の名所の8割を占めると言われるソメイヨシノですが、

実は種子で増えたのではありません

 

驚くことに、全て人の手によって接ぎ木(つぎき)もしくは挿し木で繁殖したそう。

 

接ぎ木ということは、考え方によってはクローンであり、

毎年桜が一斉に開花し、同じタイミングで散るのも、限られた原木のクローンだから

 

数年前、その希少な原木候補が上野公園にあると発表されました。

上野動物園の表門に近い「小松宮親王像」の北側に植えられた木だそうで、

上野公園にお花見に行くのであれば、希少な原木も併せて見たいものですね。

 

↓ 小松宮親王像

 

ソメイヨシノの噂「60年寿命説」

 

巷で噂になっている「ソメイヨシノの60年寿命説」

 

これは理由としては、

 

  • 戦後の高度成長期に植えられたソメイヨシノがあちらこちらで老木化して倒れている
  • 比較的新しい種別なので高齢樹の例が少ない
  • 他の桜に比べて桜の大敵、てんぐ巣病に弱い
  • 近距離の間隔で植えられることが多いので病気が流行りやすい
  • 街路樹とし植えられることも多いので大気汚染なとの影響を受けやすい

 

が考えられるそうです。

 

一方で、弘前公園の桜のように樹齢130年のソメイヨシノも存在しますので、

環境次第のところも大きいようです。

 

ソメイヨシノの代替推進の動き

 

ソメイヨシノが老木化により倒木したり、病気に弱いことから、

近年では盛んに代替の桜への植え替えが行われているそうです。

 

最も多いのは、ジンダイアケボノ(神代曙)

 

ソメイヨシノに比べるとピンク色が濃くて大きめ

てんぐ巣病に強く、開花時期はソメイヨシノとほぼ同時期です。

 

 

既に、一部ではすでにソメイヨシノの販売は停止されていて、

ジンダイアケボノへの植え替えが積極的に行われているそう。

 

もしかしたら、ソメイヨシノと思ってお花見していたのは、

既にジンダイアケボノだったりして(笑

 

あと数年、数十年もすれば「桜=ソメイヨシノ」ではなく、

ジンダイアケボノが日本人の心となっているかもしれません。

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]