2014年頃から物販ビジネスを皮切りに、

お金を稼ぐことについて学び始めた筆者(パラゴンママ)。

 

物事の考え方(マインド)、習慣、お金に対する考え方、脱サラリーマン思考、

他者から学ぶ姿勢、人間関係、自己投資、ステップアップ、

リスク、自己責任、投資、ビジネス、外注(アウトソーシング)、

自動化(半自動化)、目標設定、潜在意識、

 

ビジネスや投資をやればやるほど、

知るべきこと、知りたいこと、

成功者に共通していること、自分に取り入れたいこと、

日々沢山の疑問や課題に直面します。

 

日々学ぶ中で、自分が良いと思ったこと、目から鱗だったこと、

取り入れてみたいこと、そんなプラスの情報を集めていきますので、

良かったら一緒に学びましょう☆

 

Sponsered Link

 

 

本の紹介

 

本日ピックアップしたのは、

 

タイトル:『非常識な成功法則』

著者:神田昌典

出版:フォレスト出版

 

 

この本はもう私にとっては「バイブル」

 

初めて読んだ時は、「目から鱗」的な内容に加えて、

「こんなに面白い成功法則本があるなんて!」と興奮しきりでした。

 

以後、本に書かれている目標術や潜在意識に関する内容など少しずつ実践しながら、

時折読み返してみるのですが、何度読んでも毎回ワクワク感がたまらないです。

 

読み返す度に新しい視点や、まだまだ実践しきれていない課題も発見します。

何より「頑張ろう!」という前向きな気持ちになる本です。

 

ちなみに私はこの本の完全習得セミナーを録音したCDも持っています。

 

 

著者は、神田昌典氏。

役人から外資系企業の営業を経て経営コンサルティングで大成功を収め、

ダイレクトマーケティングの第一人者として知られています。

数々のビジネス書の著者としても有名ですね。

 

本の中身ですが、

 

  • 目標術
  • 潜在意識
  • セルフイメージ
  • インプットの効率的な方法
  • 人脈
  • お金に対する姿勢
  • 成功のダークサイド

 

どれをとっても重要かつ、シンプルかつ、分かりやすい

もの凄くフランクな口調で書かれているので、

よくある自己啓発書の固い難しい感じが一切ありません。

 

ですが、本にも書かれていますが、

実際に実行している人は1%もいないくらいだそうで。

 

「実行してトップ1%に入れるんだったらやらない手はない!」

という理由で現在の私に至るわけですが、

 

まだまだ課題はあるものの、

  • 会計の難関資格に2つも合格したり、
  • ビジネスを始めて目標金額を達成したり、
  • 会社を起業したり、

 

もっと細かい短期目標も含めてその効果の凄さを体感しています。

 

本の最後に書かれているのは成功のダークサイド

こればかりは実際に成功している人にしか分かりませんよね。

 

成功から一気にどん底に落ちないためにも、先人の経験として、

知っておいて損はありません。

 

難しい知識うんぬんよりも、実行することに重きを置いた本です。

こんなに楽しくて分かりやすくてやる気にさせてくれる自己啓発書は

他にないと思うほどオススメの一冊です。

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]