2014年頃から物販ビジネスを皮切りに、

お金を稼ぐことについて学び始めた筆者(パラゴンママ)。

 

物事の考え方(マインド)、習慣、お金に対する考え方、脱サラリーマン思考、

他者から学ぶ姿勢、人間関係、自己投資、ステップアップ、

リスク、自己責任、投資、ビジネス、外注(アウトソーシング)、

自動化(半自動化)、目標設定、潜在意識、

 

ビジネスや投資をやればやるほど、

知るべきこと、知りたいこと、

成功者に共通していること、自分に取り入れたいこと、

日々沢山の疑問や課題に直面します。

 

日々学ぶ中で、自分が良いと思ったこと、目から鱗だったこと、

取り入れてみたいこと、そんなプラスの情報を集めていきますので、

良かったら一緒に学びましょう☆

 

Sponsered Link

 

 

本の紹介

 

本日ピックアップしたのは、

 

タイトル:『お金に愛される人は美しい財布を使っている』

出版:クロスメディア・パブリッシング

著者:八島依子

 

 

ちょうど先日、私が個人的にお財布を買い換えたこともあって、

お財布の使い方等々の参考になれば、とチョイスしてみました。

 

本の帯には、「豊かな生活はお財布を変えることから始まる」とあります。

 

お財布一つで豊かな生活を手に入れられるの?!と、

思わずワクワクするような見出しですね。

 

著者は、キャビンアテンダント(以後、「CA」とします)から

税理士に転身された八島依子氏。

 

本の中にも書かれているのですが、

出産育児による離職、離婚を経験して現在は税理士事務所を開設しながら

元CAとしてマナー講習や大学の非常勤講師もしているそうです。

 

ざっくり言うと、

元CAや税理士という職業柄、多くの経営者や成功者などとの接点を通して

お金を引き寄せる人の共通点(ルール)をまとめあげた内容になっています。

 

「お金持ち=長財布」を使っている、というのは前々から耳にしていて、

以前はとあるブランドの二つ折り財布を気に入っていたのですが、

今回は人生で2回目の長財布をチョイスしてみました。

 

イメージです↓

 

本の初めにはお財布にまつわるちょっと面白いデータが書かれているのですが、

【お財布の金額 × 200倍 = 持ち主の年収と一致する】

という法則があるそうです。(あくまで目安)

 

  • 5千円財布:年収100万円
  • 1万円財布:年収200万円
  • 3万円財布:年収600万円
  • 5万円財布:年収1,000万円
  • 10万円財布:年収2,000万円
  • 30万円財布:年収6,000万円

 

 

これを見たら思わず計算しちゃいますよね(笑

 

実際に今回新しくした財布の値段×200を計算してみたところ、

実は当面の目標年収よりも少し低い金額になってしまったので、

「しまったー!もうちょっと高いものを選ぶべきだった?」とも思いましたが、

 

一番大事なのは

  • 自分のテンションが上がるお財布であること
  • そして前よりもちょっと、お金もお財布も大事に扱ってみること

だそうです。

 

買い換えたばかりの新しい長財布、

なかなか機能的で使いやすく、デザインや色もシックで気に入っているので、

次の目標&新たな楽しみとして早速、手帳にメモしておきました

 

余談ですが、目標設定については、

「夢を叶える主婦の手帳術」として以前紹介していますので、

よかったらこちらも参考に御覧ください。↓ ↓ ↓

 

 

本の話題に戻りますが、

著者によれば、お財布には持ち主のお金の哲学が現れるそうです。

 

汚い財布の持ち主は、やはりルーズ、セコイ、、、ということも多く、

成功者は例外なくお財布もお金もきちんと大切にしているとのこと。

 

新鮮だったのは、将来の漠然とした不安に対する貯蓄はNGとのこと。

特に「何となく不安だから」「万が一に備えて」の貯蓄というのは、

実際にその万が一を引き寄せて実際にお金がなくなってしまう

というのは意外でした。

 

お金にマイナスの感情を乗せてはいけないんだそうで、

目的を持った貯蓄が必要ですね。

 

貯蓄方法としては、半ば強制的に自動積立を利用する他に、

信用金庫の営業マンによる月1回の集金サービスを利用する、

という方法がオススメされていて、

担当営業マンが毎回来てくれればかなり強制力になりますよね。

 

 

筆者曰く、500万円の貯金があっても銀行では全く相手にされなくても、

信用金庫なら上客として扱ってもらえる、とのこと。

 

信用金庫については、先日の法人口座開設に関する記事にもUPしましたが、

信用金庫は信用力のない零細企業でも大事に扱ってくれる

というのを身をもって実感しましたので、妙に納得してしまいました。

 

法人口座開設で苦労したポイントに興味がある方は、

よろしければこちらも合わせて読んでみてください。↓ ↓

 

この本では他に、

ワリカンに対する考えやおしゃれやブランド買いに関する考え方など、

女性ならではの観点で参考になる話が沢山あるので、

楽しみながらあっという間に読み切ってしまいました。

 

本の内装やページデザインにまでこだわっていて、

ワクワク感、キラキラ感が楽しめる一冊だと思います。

 

Sponsered Link