主婦や子育てママの一日。

 

生きている限り毎日家事はエンドレスにありますし、

快適に暮らそうと思えば思うほど次から次へとやることは尽きませんよね。

 

 

小さな子供を持つ子育てママは、

子供の着替え、食事、散歩、遊び、お風呂、歯磨き、就寝など

一日中子供の世話に追われ、そのうえ家事もこなさなければならないし

それこそ日中は自由時間なんてほとんどありません。

 

子供が寝てくれるころには、自分も一緒に寝落ち。

もしくは疲れ果てて、何もできないままダラダラ時間が過ぎて終わっちゃうなんてことも。

 

Sponsered Link

 

管理人(私)は現在、1歳の娘がいます。

夫が海外単身赴任していて、実家もほとんど頼っていない中で昨年起業しまして、

家事・育児・仕事もこなさなければならない状況にあります。

 

そんな中で、本当に体当たりの状態で、

【どうやったら自分の体力を温存しつつとにかく時間捻出できるか】

を日々考えながら試行錯誤して現在のスタイルに落ち着きました。

 

サンプルとして私のタイムスケジュールを書きますと、

 

  • 7:00~8:00 起床
  • 8:00~10:00 娘の食事、着替え、自分の食事、身支度、ゴミ出し、洗濯、食器洗い
  • 10:00~12:00 買い物や公園、児童館へ散歩
  • 12:00~13:30 食事、娘と遊ぶ、もしくは家事の続き
  • 13:30~15:30 娘のお昼寝、自分も昼寝で体力温存 ポイント2
  • 15:30~17:00 娘のおやつ、娘のTVタイム
  • 17:00~18:00 再び買い物、夕方の散歩
  • 18:00~19:00 夕食、娘のお風呂
  • 19:00~19:30 娘の着替え、歯磨き、就寝 ←ポイント1
  • 19:30~23:00 仕事・自己投資(インターネット) ←ポイント3
  • 23:00~24:00 食事の作り置き、家事の残り ←ポイント4
  • 24:00~1:00 お風呂、読書、手帳作業 ←ポイント5
  • 1:00(もしくは2:00)~ 就寝

 

とざっとこんな感じです。

 

ポイントとしては、

 

  1. 日中は娘の時間を優先させて、よく食べよく遊び夜にぐっすり寝てもらうこと
  2. 日中の娘の昼寝タイムは、夜の仕事タイムに備えて体力を養うためにとにかく休む
  3. 夜のゴールデンタイム(仕事・自己投資)がメイン、ここでの時間の使い方も重要(後述します)
  4. ルーティンとしての家事(炊事、洗濯など日中できなかった家事)は半自動化、残った家事は一日の最後に(理由は後述します)
  5. 読書と手帳術はほんの少しでもいいから欠かさない(特に手帳管理)

 

 

ちなみに、私が実践している「夢を叶える手帳術」については

こちらにまとめてありますのでよろしければ覗いてみてくださいね。

↓ ↓ ↓

 

Sponsered Link

 

LINEで送る
[`evernote` not found]