前回の記事では、

  • 実は嫉妬される側にもそれなりの理由があるんだということ、
  • 嫉妬される人のタイプや理由

について説明しました。

↓ ↓ ↓

 

今回は、以下について書いてみたいと思います。

  • 既に嫉妬対象にされてしまった後の対処法や、
  • そもそも嫉妬されないための予防策

 

Sponsered Link

 

嫉妬された時の対処は?

 

いざ、自分が嫉妬の対象になってしまったら?

 

  • これ以上状況が悪化しないために、
  • 自分自身がメンタル的に参ってしまわないために

 

どうしたらいいのか考えていきましょう。

 

 

①不用意に刺激しない、自分に自信がないんだと理解してあげる

 

いざ自分が嫉妬されているかもしれないと気が付いた時、

まずは相手を不用意に刺激しないよう注意を払いましょう

 

会話のテーマや話し方にも気を付けて、

嫉妬されやすい言動を避ける工夫が必要です。

 

いちいち相手にそんなに気を使ってあげるのも正直面倒ではありますが、相手は

  • 「自分に自信がないから」
  • 「自分の存在が脅かされそうで怖いから」

 

嫉妬しているのですから、

一度客観的な立場で相手の心境に同情してあげる心の余裕をもってあげましょう。

 

「そんな余裕ないよ」という場合ももちろんありますよね。

そんな時は、

 

②嫉妬心の強い人(自己顕示欲の強い人、プライドの高い人)から距離を置く

 

この手のタイプは自分が一番でない限りは許せないので、

同じことを繰り返しますし、攻撃性が強いことも多いです。

 

毎回噛みついてきたり、嫌がらせをしてくるような場合には、

相手と距離を置くのはもちろんですが、

先手を打って周囲に状況を説明しておくのも有効です。

 

周囲も状況を理解してくれますし、

相手があることないことを噂でばらまく前に、

真実を伝えておくことで防衛手段になります

 

ヘタに打ち負かそうとか勝ってやろうと思わないほうがいいです。

面倒になるだけなので、逃げるが勝ちですよ!

 

 

もしくは、この手のタイプはトラブルになる前に予防しておくのが一番です。

詳しくは嫉妬の予防策として後述しますね。

 

③嫉妬されることに慣れる、気にしない、嫉妬される自分に自信をもつ

 

これは嫉妬する側に関係なく、

「自分は自分である」ことを貫き通すことができる、

非常にストレス耐性の強い人にできることです。

 

嫉妬する側も、これ以上嫉妬したり攻撃しても無駄だと

諦めてくれるかもしれません。

一方で逆効果もあり得ます。

 

ですが、嫉妬されるということは、

「相手にとっては羨ましくて仕方がない何かが自分にある」ことの裏返しですから、

自分に自信をもっていいことだと思います。

 

Sponsered Link

 

続いて、今度はそもそも嫉妬されないように、

嫉妬の予防策についてです。

 

嫉妬されないようにするための予防策

 

そもそも嫉妬された後に対応するよりも、

嫉妬される前にある程度防いでしまったほうが、

身も心も遥かにラクなことは想像がつきますよね。

 

実際にここ近年、自分で実践している内容を以下に書きましたので、

是非参考にしてみてください。

 

私自身はこれを実践するようになってから、

以前は専ら苦手だった女性の多い環境においても随分と馴染めるようになりました。

(最近であれば英語学校や子供を通じたママ友との接点など)

 

①自分からオープンに接していく

 

これは嫉妬深いタイプに最も効果があります。

職場や習い事、コミュニティなどでボスやお局さんタイプの人にこそ

是非実践してみてください。

 

狙いとしては、

「自分から親しみやすさをアピールすることで敵でないと知ってもらうこと」

です。

 

嫉妬深い人は、ある意味で自分のボスである立場を脅かされることが

一番の恐怖なのです。

 

一番でなくなることが怖いからこそ、自分の敵になりそうな人を

攻撃して排除しようとする傾向が強いのです。

 

警戒心が強いので向こうから近づいてくることは少なく、

だからこそ、「敵ではありませんよ」というアピールが必要で、

別に媚びる必要はありません。

 

時には、

  • こちらから弱みとか失敗とかサラッと打ち明けて頼ってみたり、
  • 尊重したり褒めてあげたり(ちょっと面倒だけど)すると、

 

後々トラブルに巻き込まれなくなり、非常に有効だと思います。

 

 

②必要以上に目立つ格好を避ける、TPO

 

これは存在感があって目立ちやすい人

それが原因でたたかれやすい人に実践して欲しい方法です。

 

なぜなら、存在感の根本である美しさやオーラは

自分ではなかなかコントロールできませんが、

洋服の力を借りて、トーンを抑えたり親しみやすさを演出することができるからです。

 

もともとの存在感に輪をかけて露出度の高い恰好をしたり、

異性の目を引くような恰好をしたりすると、

余計火に油を注いでしまいがち。

 

「自分に似合う格好をして何が悪い」と思うところもありますが、

ガンガン目立っていい場所では好きなだけ自分に似合うものを着てOKです。

 

 

一方で、コミュニティだったり、一人だけが主役になることが相応しくない時には、

TPO(時と場所)をわきまえて少しトーンを抑えてあげると、

不用意に同性の嫉妬を買うことは少なくなりますよ。

 

③周りへの感謝、運のツキを伝える

 

自分の成功は、「自分の努力とツキの賜物」。

ある意味正しいことですし、自分に自信をもつべきです。

 

ただし、未だ成功への道半ばの人にとっては

やっぱり先に成功した人は羨望の対象です。

時に、先を越されて悔しいんです。

 

だから不用意に誰にでも自慢するのは避けて、

常に周囲や運のツキに感謝する気持ちをなるべく表に出して

成功の独り占めをアピールすることは避けましょう。

 

具体的にもっと嫉妬の解決事例を知りたい方にオススメです

↓ ↓ ↓

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]