前回の記事で、

 

  1. 嫉妬する側の心理 ← 今回はこちら
  2. 嫉妬される側の状況

 

について概要を書きましたが、

今回は「嫉妬する側の心理とその対処方法」について書きたいと思います。

 

なぜ嫉妬するのか?

 

そもそも嫉妬とは、どんなものでしょうか。

 

嫉妬とは自分という存在を認めてもらえなくなる危機感で、

 

  • 愛する人を失うかもしれないと感じる時、
  • 他人よりも自分が劣っているかもしれないと感じる時、

に本能的に働くものです。

 

 

育った環境(愛情不足、常に周囲から評価されて育った人)や

アクシデントの衝撃(恋人の裏切りなど)によって、

嫉妬の感じ方には個人差があるようですが、

 

嫉妬=自分が劣っていることを認めることになるので、

なかなか人に相談することもできず苦しいものですよね。

 

「相手が羨ましい=本来自分もそうなりたい」という願望とも取れますが、

不思議なことに自分が認めている(尊敬している)対象であれば憧れで済むものが、

自分と同格、もしくは劣っていると感じる対象に対しては嫉妬してしまう

それが嫉妬の正体です。

 

セレブや芸能人には嫉妬しないですよね?

一方で、友達や知り合いがSNSやブログで自慢していると段々モヤモヤしてきませんか?

それが自分が欲しいものだったり、望むことだったら尚更かもしれません。

 

つまりは、別世界の人には憧れ、手が届きそうな人に嫉妬するんです。

 

Sponsered Link

 

嫉妬を感じたらどう対処すればいい?

 

①まず感情的な気持ちを静めて、嫉妬している自分を受け止めましょう

 

嫉妬している自分はみっともない、醜いとは思わず、

誰にでもある感情だと開き直ってみましょう。

 

②次に相手がうらやましいことを認めましょう

 

相手がズルいのではなく、自分の感情の問題なのです。

相手にフォーカスするのではなく、自分の本当の望みが明らかになったと捉えましょうう。

 

③相手に言ってみる

 

相手が近い間柄であれば、素直に羨ましい気持ちを伝えてみるのも手です。

「素敵だね」「羨ましいな」「どうやったら出来るの?」

 

敵対するのではなく、むしろ相手を自分に取り込んでみると、

相手だって「実は〇〇で大変だったのだ」とか

「こうしたら上手くいったよ」とかポロリと教えてくれるかもしれませんし、

言葉で発散することで気持ちが少し楽になります。

 

でも必ずしも相手に直接言えない時もありますよね。

そういう時は、

 

④相手から一時的に離れる、見ないようにする

 

のがいいと思います。

 

ある意味「逃げ」、かもしれませんが、

逃げたっていいじゃないですか(開き直り)☆

誰も笑いませんよ。

 

対抗心や劣等感を抱えて過ごすくらいなら、

自分らしくのびのびといられる環境や時間を大事にした方が

どれだけ心穏やかに有意義な毎日を過ごせるのか、一目瞭然ですよね。

 

自分にないものをグジグジと探さないで、

自分にあるものを見つめなおしたり、自分にできることにフォーカスしましょう。

 

  • 自分にはこんな素敵な家族がいる、恋人がいる
  • 自分にはこんな素敵な経験がある
  • 自分はこんなことが得意だ
  • 自分はこんなことで感謝されている

 

自分に新たな自信と成功体験が積みあがってくれば、

いつの間にか相手のことなど妬む気持ちも忘れてしまいますよ。

 

不思議なことに今まで逃げ腰だった感情までなくなって、

余裕をもって相手と接することができる自分に気が付くはずです。

 

⑤悔しさをバネに自分の目的に集中する

 

嫉妬の感情から相手を引きずり降ろそうとしたり、相手の不幸を願うのは、

物凄い負のエネルギーのいることです。

 

毎日相手のことを考えていては自分が疲弊して傷つくだけ。

皮肉なことに相手は何とも感じていないものです。

 

そんなことよりは時間・お金・労力、全ての資源を集中して、

今の自分に足りないもの、欲するものを手に入れるための

エネルギーに変えてしまいましょう。

 

多くの成功者ですら、

最初は失恋やお金の苦労や失敗体験をバネに這い上がっているのですから、

嫉妬のエネルギーをプラスに変換できればしめたものですね。

 

Sponsered Link

 

嫉妬を事前に予防する方法は?

 

そもそも嫉妬を事前に予防するにはどうしたらいいでしょうか。

 

完全になくすことはできませんが、ある程度自分の状況をコントロールすることで、

嫉妬を感じずに済む方法を紹介しますね。

 

①嫉妬の原因になることをしない

 

例えば、SNSを見ない。やらない。

 

 

これはもう何年も前から私が実践していることですが、

リアルのお友達のブログ記事やSNSの日記は読みません。

 

どうしても身近なだけに、

相手の生活ぶり(持ち物や外食、旅行、友達の数)だったり、

相手と自分の状況を比較して落ち込んでしまいがちです。

 

日々モヤモヤを感じるながら続けているくらいあれば、

一旦スッパリと離れてみると本当にスッキリしますよ。

そもそもSNSなんてなくても必要な時に連絡すれば良いのですから。

 

どうしてもブログやSNSをやりたいのであれば、

顔は見えないけれど趣味や目的を同じくする同志と繋がるほうが、

断然刺激があってモチベーションもあがる、というのが私の経験です。

 

②妬まない、怒らない、愚図らない=三毒追放

 

尊敬する勝間和代さんや和田裕美さんが提唱している言葉をお借りしてます。

 

もともとは仏教の教えから来ている考え方ですが、

私は未だに怒ったりするとついつい反省してこの言葉を思い出します。

 

  • 原因は何だったのか?
  • どうすべきだったのか?
  • 同じことが起こったら今度はこうしよう!

 

という具合に、原因と今後の対策を考えておくと、

三毒のような負の感情に陥りにくい思考に改善されていることが実感できます。

驚くほど日々のイライラが減って平和になりますよ!オススメです。

 

具体的にもっと嫉妬の解決事例を知りたい方にオススメです

↓ ↓ ↓

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]