「嫉妬」

 

 

嫉妬は誰もが一度は感じたことのある感情ですよね。

 

小さな子供ですら弟や妹が生まれたら赤ちゃん返りするのは知られていますし、

兄弟姉妹の間でも、友達の間でも、

同僚に対しても、ママ友間でも、

いつだってどこだって、嫉妬はいつも私たちの生活の陰に潜んでいます

 

かく言う管理人(私)も、

  • 勉強もスポーツも出来のいい妹や、
  • いつも友達に囲まれて何一つ不自由のしないお友達、
  • 学歴もコミュニケーション能力も叶わない同僚、
  • いつもぶりっ子して(←完全に偏見)人生渡り歩いてきたんだろうなあと思われる同期後輩、

 

など、嫉妬していた経験を挙げればキリがありませんし、

 

今だって

  • 両親と半同居していてほとんど子育てに苦労していないママ友、
  • 夫婦揃ってプー太郎(無職)なのに実家の金銭援助でお気楽に暮らしているママ友

 

なんかも周りにいて、

モヤっとすることも当然あります。

 

あ、現在我が家は夫が海外に単身赴任中でして、

実母や義母も仕事を持っていたり高齢なのであまり頼れない中、

ひとり親で育てていますので。。

 

これは嫉妬する側の心理ですが、

一方で管理人は昔から嫉妬されやすくて悩んでいた時期もあります。

 

  • 会社のお局さんとか、
  • 会社の同期の男性とか、
  • 仲良いと思っていた同僚とか、
  • 駐在中の奥さんグループ、とか。

 

仕事でコミュニケーションを取らなければいけない時に

明らかに嫌そうな態度だったり、嫌がらせを言ってみたり、

陰で噂を広げたりとか。

 

攻撃性が高い人に嫉妬されてしまうと本当に厄介ですよね。

 

Sponsered Link

 

やはり今思い出すと、20代前半の社会人になりたての頃が、

「自分も嫉妬して、他人からも嫉妬されて」と、

双方向で苦労したように思います。

 

 

そんなストレスも、20代後半くらいからは徐々に楽になって、

もちろん今でも上に挙げたようにモヤっとする程度の嫉妬(羨望)はありますが、

 

嫉妬する心理もある程度自分でコントロールできるようになりましたし、

嫉妬されないための工夫もしているので、

あからさまにトラブルや悩むようなことはなくなりました。

 

悩んでいたからこそ、

  • 本を読んで研究してみたり、
  • 自分なりに試行錯誤できたこと

は、今になって振り返れば大きな成果だと思っています。

 

そこで、

  1. 嫉妬する側の心理と
  2. 嫉妬される側の状況と

 

  • それぞれにどんなことに気を付ければいいのか、
  • 事前に防ぐ方法、
  • 事後の対応、

など、自身の経験や研究の成果を共有していこうと思います。

 

続きはこちら ↓ ↓ ↓

 

具体的にもっと嫉妬の解決事例を知りたい方にオススメです

↓ ↓ ↓

 

Sponsered Link

LINEで送る
[`evernote` not found]